ZMP、自動運転用ソフト搭載の超小型EVベース開発車両を販売開始

ZMPは8月30日、市販1人乗り用小型EV車ベース自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MV2」に自動運転システム用オープンソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転車両「RoboCar MV2 Autoware 基本パッケージ」の販売を開始すると発表した。

Autowareは名古屋大学を中心に開発されている自動運転システム用オープンソースソフトウェア。RoboCar MV2にレーザーレーダー、カメラなどの環境センサーを搭載し、自動運転ソフトウェアとしてAutowareを実装することで、自車位置や周囲物体を認識しながらカーナビから与えられたルート上を自律走行することが可能となる。

ソース:マイナビニュース

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2020 Urban Drive Working Group